人材管理システムをオンプレミス型で導入するデメリット

コストがかかりやすい

オンプレミス型の人材管理システムは、自由にカスタマイズができる反面、多額のコストが必要になります。サーバーの購入やシステム構築が必須で、導入するための予算を確保しなくてはいけません。システム構築が上手くいかなかったりすると導入に時間がかかるため、コストが膨らみやすくなります。運用・管理するための人件費や電気代といったランニングコストもかかります。また、オンプレミス型は、クラウド型とは違って自社で運用や管理をしていくため、サーバーを扱う人が必要です。専門知識を持った人の採用や人材育成などのコストもかかります。人材確保のために多大な時間を要することもあるのです。オンプレミス型を導入するときには、必要なコストに気を付けましょう。

専門知識がないと運用管理が難しい

自社でサーバーの運用や管理に関する全てをまかなわなくてはいけないオンプレミス型の人材管理システムは、専門知識を持った技術者が必要になります。設定や障害への対応、セキュリティ対策などの知識や経験がなくてはいけません。また、担当者以外も操作することがある人材管理システムは、誰にとっても使いやいものが求められます。操作性が良く、シンプルなシステムだと、業務効率を上げることも可能です。状況によっては、他のシステムやファイルからの連携も必要なため、技術者の仕事は多岐にわたります。人材管理システムの規模が大きくなるほど、必要な技術者の数も増えていきます。専門知識がないと運用や管理だけでなく、導入自体も難しくなるため、適切な人材を確保するよう努めましょう。