人材管理システムをオンプレミス型で導入するメリット

自由にカスタマイズできる

人材管理を効率的・効果的におこなうことができる人材管理システム。業績アップにも繋がるため、導入している企業が珍しくありません。なかでもオンプレミス型の人材管理システムは、カスタマイズ性が高く、自由に改良できることから人気があります。自社に設置したサーバーでシステムを構築するため、企業のニーズに合わせた運用が可能です。あらかじめ用意されたシステムを使うクラウドとは異なり、現場の声を迅速に反映させることができます。また、他の社内システムとの連携もしやすく、既存のシステムを活かした運用も難しくありません。専門スキルがある社員がいれば、柔軟に対応させることができます。自社オリジナルのシステムを運用するときには、オンプレミス型の人材管理システムが最適です。

インターネットに繋げなくても運用できる

オンプレミス型の人材管理システムは、自社のサーバーで運用するため、インターネットに繋げる必要がありません。レンタルサーバーを利用しているクラウド型人材管理システムでは、インターネットを介しての運用となり、障害が発生したときに使うことができなくなります。オンプレミス型では、社内ネットワークを使っているため、インターネットに障害が起きてもシステム運用が可能です。不具合を修正し、即座に復旧させることも不可能ではありません。また、オフライン環境で利用できることから、外部からの攻撃に強く、セキュリティの高さにも定評があります。人事や顧客情報といった機密情報を盗まれるリスクを軽減し、情報漏洩を未然に防ぐことができるのです。